2019/04/19(金) 01:31:31
2019年4月
 12456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    


AirDropをできるようにする

初回投稿:2019/04/04 00:13:18 最終更新:2019/04/05 00:50:15

MacOSで順調にいい夢が見れている中、iPhoneで撮った写真を転送したい = AirDropしたい衝動にかられました。
 
AirDropを使えるようにする為には、
  • AirMac準拠の無線LAN接続
  • Bluetooth
が必要のようで、特に無線LANはAirMac準拠 = USBタイプではダメとなります。
要はMacBook Proとかで純正で使われている無線LANチップを使えということです。


で、こんな感じなブツをゲットしました。
純正(と思われる)WIFI + Bluetoothのコンボカード(BCM943602CS)と、PCI Expressに変換できるようにするアダプタカードです。
コンボカード自体はM.2のようですが、アンテナが付けられないのでアダプタカードにしました。

こんな感じ。アンテナがなかなか接続出来なくてイライラしました…


BluetoothはUSB接続のようで、マザーボードのUSBピンに刺すケーブルがついてきたのでこれで接続しました。

カード自体は刺すポートが埋まってしまっていたのでUSB3.0のカードを外して、こいつを刺しました…

とりあえずこれでPCIパススルーとUSBパススルーの設定を行いましたが、WIFIは認識すれどもBluetoothが認識しない状態。
色々調べた所、AMD OSXのフォーラムに同様の記述があり、パッチ当て版?のkextを差し替えると動くようです。

ここからダウンロードしたものでShellを実行したところ、差し替えが動いて再起動したら認識するようになりました!
IOBluetoothFamily.kextとIOBluetoothHIDDriver.kextがキモのようです。

早速AirDropやってみましたが、うまく認識されるようになりました!!





コメント
お名前
コメント
 
画像の文字を入力し、チェックボックスをチェックした上で送信ボタンを押して下さい。
見辛い場合は横のリロードボタンで変更出来ます。
コメントは登録されていません。

このページのトラックバックURL : https://e-tune-mt.net/hcms/index.php/tb/_/2186

トラックバック
トラックバックは登録されていません。

このページは0.168secで生成/表示されました
Ver.20160813