2019/09/22() 23:22:13
2019年9月
123456
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     


Ryzen 9 3900X Windows10ベンチマーク

初回投稿:2019/07/13 19:39:28 最終更新:2019/07/13 23:04:13

トラブル対応絡みでネイティブなWindows10をUSB HDDからブートしたので、ついでにベンチマークは測ってみました。
 
まずその前にタスクマネージャーを。

いやー、自宅のPCでこんな数のグラフが見れるようになるとは…
ちょっと感動。

本題に戻りまして、とりあえずベンチマークは
  • CrystalMark 2004R3
  • CrystalMark 2004R7
  • CINEBENCH R15
  • CINEBENCH R20
をやってみました。

マシンスペック的には以下になります。
MOTHER : GIGABYTE B450 AUROS ELITE
CPU : Ryzen 9 3900X
MEM : Crucial DDR4-2666 64GB(16GBx4) CL19
GPU : MSI Radeon RX470 8GB
DISK : USB HDD

まずはCrystalMark 2004R3と2004R7です

2004R3だとCPU使用率が19%までしか上がらなかったのですが、それでもこのスコア。
Core i7 4790のメインPCがALU 91266, FPU 82078だったので、2割の力でも負けてます…
2004R7だと全コア100%で回ってくれましたが。もうやばいです。
NVMeのSSDとDDR4-3200のメモリにしたら3950Xじゃなくてもトータル100万超えるんじゃ… 恐ろしや。

次にCINEBENCH。

なんと、R15は3000cb超え。
Core i9 7960X(16C32T)が3197でこれに大分肉薄しています。
R20もCore i9 9900K(8C16T)は余裕(5162)で追い越し、ThreadRipper 1950X(16C32T)の6670を抜いてるという状態のようです。

なお、消費電力ですがアイドルが120w前後、最大はCINEBENCH実行時の260wでした。
TDPは2700Xと同じ105wなだけあって、ほぼ変わらずでした。ちょっと安心。

メインPCやっぱり来年刷新しよう…

 


コメント
お名前
コメント
 
画像の文字を入力し、チェックボックスをチェックした上で送信ボタンを押して下さい。
見辛い場合は横のリロードボタンで変更出来ます。
コメントは登録されていません。

このページのトラックバックURL : https://e-tune-mt.net/hcms/index.php/tb/_/2197

トラックバック
トラックバックは登録されていません。

このページは0.154secで生成/表示されました
Ver.20160813