2019/10/15(火) 15:30:54
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


Linuxのファイルシステム

初回投稿:2006/02/23 23:32:47 最終更新:2006/02/23 23:32:47

次期サーバーはやっと日本に本日着いて、明日家に届くようです。

FedoraCore5 test3のCDもとりあえず64bit版だけ焼き焼きしておいて準備万端。
で、ふと思ったのですが今回ファイルシステムを換えてみようかなぁと。

今までLinuxではext2, ext3と使ってきました。
一応ext3はジャーナリングファイルシステムなのでちょっとは安心できるのですが、やっぱりヤバイ時はダメです。
で、使えるファイルシステムをちょっと調べてみました。

最近はXFS, JFS, ReiserFSあたりみたいです。

XFSはSGIのファイルシステムでアクセスが早いのが特徴のようです。
が、トラブル時に弱いようです。使った人は他のファイルシステムに乗り換えてる人が多そう。
という事でちょっと止めようかなと。

JFSはIBMのAIXのファイルシステムで、堅牢性は良さげです。
が、unmountしないとfsck出来ないみたい。
ちうことは/が入ったパーティションは復旧が面倒臭そう。
という事で、これも保留。

で、ReiserFS。
ファイルアクセススピードは最速レベル。
障害時の対応もちゃんと取れそう。
ただ、過去はトラブルの嵐だったようです。
ReiserFS4になってからはあんまりそういった情報は無さそうですが。

結局の所、ext3がディストリビューション的にもちゃんとサポートされてるのでいいんじゃないってのを結論付けてる人が結構いるみたい。
まぁ、でもまたext3ってものも面白くないので、とりあえずReiserFS試してみようと思います。
これでファイルアクセス早くなればめっけもんだし。
(ていうかUltraDMA100→SATAだからそもそもこれだけでも速いんですけどね)
ついでに仕事先のユーザーがLVMも使っているので勉強がてらいれてみようかと。

明日は頑張って早く帰って来ようっと。




関連記事
関連記事はありません。

コメント
お名前
コメント
 
画像の文字を入力し、チェックボックスをチェックした上で送信ボタンを押して下さい。
見辛い場合は横のリロードボタンで変更出来ます。
コメントは登録されていません。

このページのトラックバックURL : https://e-tune-mt.net/hcms/index.php/tb/_/233

トラックバック
トラックバックは登録されていません。

このページは0.136secで生成/表示されました
Ver.20160813