まさかのバッテリー上がり

2020/04/08 2020/04/30

夕方に妻が買い物に行くためクルマに乗っていくといったあと、すぐ連絡がありドアが開かないと連絡が。
CX-8になってから初めてだったのでリモコンの操作が出来てないと思っていたが、ウンともスンとも言わないと…

一旦戻ってきたので試しにセキュリティのリモコンを操作した所、操作を弾かれる音が。
駐車場まで行ったところ、たしかにウントもスンとも言わない。

なんだろうと車両側のセキュリティの動作中のランプを見てみた所、消えてる…
あれ、バッテリー上がった!?と思い、非常用の鍵でドアを開くもセキュリティ発報せず。シートに座ってメーターを見ても表示しない。
…バッテリー上がりました。

最後に停めたのが3日前。確かに納車後2日に1回は乗ってて大丈夫だったとしても、3日で上がる!?
セキュリティそんなにバカ食いする!?と思ってショップに連絡してみた所、可能性はあるかもとの事。
エンスタのコントロールでCX-8の場合は制御用のリレーを多く付けているらしく、それが原因かもと。
基本平日動かさないのにそれはマズい…。購入前に暗電流チェックしてなかったのは失敗…
ただ、これまで施工したCX-8ではそういった話は聞いてないとのこと。

とりあえずこの状態だとどうにもならないので保険会社に連絡してロードサービスを手配しました。

待ってる間、色々考えてみました。
そもそもリレーって稼働中に電力消費するはずで、待機中にはしないでしょ。
逆に停車中にリレー稼働させるなんてアホな設計普通しないはず。

となると他に電気食ってるものがあるかと考えてみましたが、まだ納車直後で自分ではイジってない状態。
しいていえばナビがBIG-Xになってるのと、携帯用にQiの充電器をコンソールボックスのUSBポートに刺しっぱにしてる位。
BIG-Xは新製品なので何か不具合を抱えている可能性は無きにしもあらず、USBポートが実はキーOFFでも稼働とかだったらこのせいかもと思ったいたのですが、ネットで調べた限りBIG-Xは不具合報告無し、USBポートはキーOFFではOFFでした。

やっぱりセキュリティなのか…ソーラー充電機買わないと駄目かもなぁと思っていた頃にロードサービス到着。

ものの5分でエンジン始動。
とりあえず1時間位はエンジン停めないでくださいとの事だったので、Torqueでそういえば充電量調べられたはずと思って見てみた所、40%まで減ってました。

走った方が充電するかなーと思い1時間程あちこちウロウロしてたら100%になりました。

一旦一安心と調べ物を再開し、CX-8自体の不具合もあるのかなー、ただ発売から年数経ってるからなーと思いつつ調べてみたら、みんカラにドンピシャの内容が。

見た所、2019年末のマイナーチェンジ以降の車両のみで起きている模様。
マイチェンで部品が変わって不具合出したのか…。なるほどそういうパターンもあるのね。

原因はスタートボタンやら、バッテリーやら、リアゲートのコントローラーやら書かれていたので、もうメーカー側で動いてるかもと思い一旦Dラーに何か情報があったら教えてもらうよう連絡しておきました。

直近はちょうどリモートワーク状態なのでちょいちょい充電量を確認してみようと思います。

関連記事

コメントとトラックバック

    コメントはありません

    コメントを残す

    CAPTCHA


    トラックバックURLhttps://e-tune-mt.net/ylab/3501/trackback