5461716
2019/11/20(水) 11:20:23
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ようこそ
PHPフレームワークを自作した上でCMSも自作しちゃおうと頑張ってる次第。
このページは自作PHPフレームワーク(MFwork3)と自作CMS(HCMS3)によって生成されています
ここ最近のつぶやき&ブログ
直近 5件の投稿内容です。

■2019/09/28()
[PCいぢり] miniPCでHackintosh
WebをブラついていたらCore i7の激安miniPCの記事を見つけ、これは夢が見れるやつかもとポチッてみました。
 

XCYという中華メーカーのX35というやつで、ベアボーンです。
メモリをストレージは別で用意が必要。


あと、同じくX30です。

…はい。なんだかんだで2台購入し、既にX30はドナドナ済です。
ということで、比較しながら紹介をば。
 
モデル X30 X35
CPU Core i7-4510U(Haswell) Core i7-8650U(Kaby Lake R)
コア 2C4T 2GHz(Burst 3.1GHz) 4C8T 1.9GHz(Burst 4.2GHz)
メモリ DDR3L Single Max 8GB DDR4 Single Max16GB
SATA 1port 1port
GPU CPU内蔵(HD4400) CPU内蔵(UHD620)
miniPCIe Half x 1, Full x 1 Half x 1, Full x 1
USB 3.0 x 4, 2.0 x 2 3.0 x 4, 2.0 x 4
映像 HDMI, D-Sub HDMI, D-Sub
LAN 有線 x 1, 無線無し 有線 x 1. 無線無し
冷却 ファンレス ファンあり

こんな感じで共にi7です。間違ってはいないのですが、MacOSに2C4Tは厳しそうでした。

ちょっと動かしただけですぐCPUが100%に。Celeron N4100のWin10ノートは普通に使えてたので倍近い性能のあるi7だったらイケるだろうと思っていたのですが、残念な結果に。
また、内蔵GPUであるHD4400が鬼門でパッチを当ててもMetalが有効にならずLaunchPadがゲロ重状態となっていたのと、この影響と思われるVS Codeの表示不具合(表示がめっちゃ歯抜けになる)が発生して萎えました。

あと、熱の問題。
筐体のフィン形状からもある通り、ファンレスで筐体に放熱するタイプのやつです。
で、すぐ触れないくらい熱くなり、扇風機で強制空冷していた位。
クロックを詳しく確認できていませんでしたが、サーマルスロットリングも多分起きていたと思われます。
ということで早々にドナドナと相成りました。
とはいえ8GB メモリ + 1TB SSD足して3.4万位で出来たのでWindowsPCとしてはイケたのかもしれません。

で、上記反省点を元に調べてみると、Kaby LakeモデルのX35を発見。
論理8コア、冷却ファンもある、メモリも16GBまで使えるということでゲットしてみました。

X35は無線LANのアンテナが用意されてました。
なのでminiPCIeポートにカードを刺せば無線LANとBluetoothが使えます。
ということでBCM94352HMBを別で用意して刺しました。
(カード付きモデルもありますが多分IntelチップなのでHackintoshでは使えないはず)

ただ、一つ問題点が。SATAのSSDの取り付けが相当シビアです。

左はX30の時のですが基盤から天板までの高さに一定余裕があり、ケーブルの取り回しもギリ問題なかったのですが、X35は冷却ファンが基盤下にある分嵩上げされているために高さの余裕がゼロです。
かつ、SSDをギリ収められる場所に対して付属のSATAケーブルでは届きませんでした…
ということで、ケーブルは別途調達。
ギッチギチな状態ですが、ファンがあるおかげでケースはフル稼働してもそこまで熱くならず安心できる感じです。

Mojave上からUSB, 有線/無線LAN, Bluetooth, オーディオ(イヤホン)はkextを入れるだけで問題なく使えました。
4Kに対するHiDPIが効かず、リアル2560x1440での使用になってしまっていますがMetalはパッチで効いたので、LaunchPadもヌルヌル状態です。

ベンチ的にはこんな感じ。





シングル性能は2019年iMacのCore i5と同等、マルチはCore i3のMac miniと同等な感じです。
20秒位バーストが続くとクロックが2.5GHz前後まで落ち続ける感じになります。
バーストも瞬間最大風速で4.05GHz位。
これが解消できればもう少し上位に食い込めそうです。ただ、BIOS上のDPTFや温度コントロールの設定値をイジってみましたがこれ以上は変わらなそうなのでCPUの制約っぽいです。

これで5諭吉位。
同じメモリ、ストレージスペックでCore i3のMac Miniだと17諭吉超えるのでコスパはいい感じですね。
開発用としては十分な感じなので仕事ヘルプ用で使おうと思います。
 


続きを隠す
最終更新 : 2019/09/28 23:07:28

■2019/09/07()
[PCいぢり] Ryzen 9 3900X換装、その後(未解決)
まだ未解決ですが備忘録がてら書いておきます。
 
最終更新 : 2019/09/07 12:45:27

■2019/08/11()
[PCいぢり] Ryzen 9 3900X換装、問題発生…(中間報告5)
まだ解決出来ていないので状況報告をば。
 
最終更新 : 2019/08/11 14:44:18

■2019/08/04()
[PCいぢり] Ryzen 9 3900X換装、問題発生…(中間報告4)
ほぼ進捗無しの状態です…

とりあえずこんな感じ。

 
最終更新 : 2019/08/04 19:07:24

■2019/07/28()
[PCいぢり] ROMライターによるBIOS復旧
先日Ryzen 3900X絡みのBIOS書き換えで書き損じてしまったGIGABYTE B450 AORUS ELITE。
応急処置として同じものをもう一つ買って逃げましたが、まだ買って半年位しか経って無いのにゴミになるのはもったいない。
あと、今後Dual BIOSじゃないマザーをまた飛ばす可能性もあるので、やってみたいと思っていたROMライターでの書き換えを試してみる事にしました。

 
最終更新 : 2019/07/28 20:16:40
このページは0.150secで生成/表示されました
Ver.20160813