スートル

2020/10/11 2020/10/18

都内でストップ&ゴーが多いせいなのか、DPF再生の平均間隔距離はOBD上192km前後な状況です。
(一応納車後の初給油からディーゼルウェポンは30mlずつ毎回添加してます)

他のオーナーの方は基本200kmは超えてるようなので、もう一つの添加剤であるスートルを入れてみることにしました。

これがスートルになります。

ベコッと凹んでますが、性質上凹むらしくこれがデフォルトのようです。
燃料に対して1/1000の量を添加します。50Literだったら50ccですね。

ディーゼルウェポンとの混合は許されているので最近は給油時に両方合わせて添加しています。

で、効果なのですが、びっくりする位ハッキリ出ました。

添加後初回のDPF再生でいきなり200km超え、以降200kmを割ることが無くなり250km台も出てくるようになりました…

DPF再生回数DPF再生開始距離
1回目203km
2回目212km
3回目250km
4回目209km
5回目240km
6回目254km
7回目246km

これにより、平均再生間隔も206.2kmまで上がってきました。

マフラーが100〜200km程度走っただけで煤け始めていたガソリン直噴と違い、納車後5,000km超走っていても全然煤けてないSKYACTIV-Dのクリーンさには元々びっくりしていたのですが、さらに煤けにくい方向に行くと思います。
ということで安心して踏みたい時に踏めますw

#2020.10.18追記

すこーし煤けてきたかなぁと思ったのでマフラーエンドを納車後初めて掃除してみました。
スートル無しで4,000km程度、スートル添加開始後1,600km程度の約5,600km程度走った状態です。

掃除後。大した違いでは無かったです。単純にパイプが酸化して色が変わってきただけかも。

で、パイプ内側を拭いた結果のススの量がこれです。しかも左右両方合わせて。
ビックリです。MPVの時は1,000kmも走ってない状態で左右だと青い部分が見えないくらい真っ黒になる位だったので…
ちゃんと燃やしてるんだなぁというのが目に見えて分かりました。

関連記事

関連記事はありません。

 

コメントとトラックバック

    コメントはありません

    コメントを残す

    CAPTCHA


    トラックバックURLhttps://e-tune-mt.net/ylab/4658/trackback