K&N スペアフィルター RU-1005

2021/04/17 2021/04/17

ラムエアインテークシステムを付けてから5,000km以上走り、掃除の時期がやってきました。

これまでのクルマで栽培してた毒キノコは洗浄不可だったので都度フィルターを新品購入してましたが、ラムエアインテークシステムで使われているフィルターはK&Nの洗浄可能品。
これで都度買わなくていいぞーと思ってたのですが、洗浄&乾燥の間クルマが動かせなくなるのでもう一つ買ってローテーションすることにしました。

CX-8に使われているフィルターはRU-1005になりますが、旧型品のRF-1005は上面がメッキ仕上げ。
性能は変わらないはずなので、こちらをポチッてみたのですが届いたのはRU-1005…
ま、まぁ蓋閉じたら見えないので気にしないことにします。

早速取り出してみました。左が新品。右が添付品です。
思ったよりは黒くはなってないですが、結構フィルターが目詰まりしてました。
ということで新品に交換して添付品は家に持ち帰って洗浄・乾燥中。
(元々のフィルターに付いているオイルの赤色にビビりましたが、プラス結構黒い汚れが出てきてました)

あと、ついでに気になっていたことをチェックしてみることに。

これまでのクルマは乾式の毒キノコ栽培だったのであまり気にしていなかったのですが、初の湿式ということもありエアフロセンサーとか結構ベタベタになるんじゃないかという心配があり、この確認になります。

ちなみにMPV(LY3P)の時はホットワイヤーでこんな形でした。

上部の穴からワイヤーが見える状態で、エアフロクリーンで洗浄できました。

で、これがCX-8のエアフロセンサー。多分ホットワイヤーだと思いますが大分平べったくなっているのと上部と右側面に小さい穴が空いているだけなので、ワイヤー実体は見えませんでした。

本当はエアフロクリーンで掃除しようかと思っていたのですが、外の温度センサーはキレイだったのと周りも見る限りエアクリオイルの影響は受けたようなベタベタな感じは一切無かったので今回はそっと戻しました。
次回交換時清掃するかは考えてみます。
とりあえずベタベタしてなくて安心しました!

関連記事

コメントとトラックバック

    コメントはありません

    コメントを残す

    CAPTCHA


    トラックバックURLhttps://e-tune-mt.net/ylab/5535/trackback